ピアノのペダルでコント!?

 ペダル のコント

ある日のことでした。

工房スタッフの

「あ゛あ゛あ゛~~~」

という情けない叫びを聞きつけたので工房を覗いてみると…

 中古ピアノ のペダル間違い

取り付け位置を間違ったペダル

あれ?なんかペダル寄ってんのちゃう??

(”Д”)。。。。。。。。。。

付ける位置を間違ったんやて。。。www

まぁ、同じサイズだしネジで留めるだけなんでね。すぐに付け直しましたが(^_^;)

そんなことより、片方付けた段階でなんで気づかんのぇ?? 

工房スタッフの天然ぶり炸裂ーーw

いつもはもっともっともーっと細かくて気の遠くなるような作業を坦々とこなしているんですけどね。

 

当社の工房ではペダルは完全に分解して汚れやホコリを取り除いて、足で踏む部分は磨きをかけてツルぴかにして元通りに組みなおしています。でもここまでした人は初めて。

ウケ狙いでしょうか。

 ペダル 完成品

分解、清掃、磨きをかけて完成した中古ピアノのペダル

何はともあれ、作業完了後はこのようになります。

ペダルが寄ってる方がかわいいじゃない♡という方には特別に…えっ?やるの??

致しませんよ!!

 

今回は試弾に来ていただいてもなかなか見られないペダルの取り付け部分までお見せしました。

見えないところもしっかりキレイになっていると安心ですね♪♪