• MENU
  • ピアノのお手入れ

    ピアノの美しさや性能を長く保つには、日頃のケアが大切です。 ここでは、具体な日頃のお手入れ方法をご案内します。

    外装面のお手入れ

    毛バタキ
    表面についたほこりは、ピアノ用の毛バタキや、やわらかな布で軽くはらいましょう。 毛バタキは羊毛製がおすすめです。 静電気で埃をとるタイプは、消音機能付きのピアノに使用するとショートする恐れもあります。

    ピアノクリーン輝
    鏡面艶出し塗装のピアノには、鏡面艶出し塗装専用のツヤ出し剤を使用し、柔らかい布でムラなく仕上げます。

    ボディ&キースカット
    半艶仕上げ塗装や艶消し仕上げのピアノには、半艶・艶消し専用のクリーナーを使用し、柔らかい布でムラなく仕上げます。

    鍵盤のお手入れ

    鍵盤は、最も汚れが付着するところです。 ピアノを弾く前には必ず手を洗う習慣をつけましょう。
    弾いたあとには、白鍵だけでなく黒鍵の側面も柔らかい布でカラ拭きしましょう。
    汚れが目立つときはピアノの鍵盤用のクリーナーを使うと、汚れが簡単に落ちます。
    ただし、 象牙鍵盤や人工象牙鍵盤(ニューアイボリーなど)は、キークリーナーは使わず、カラ拭きだけにしてください。

    温度・湿度の管理

    ピアノのお部屋の温度/湿度に注意しましょう。 ピアノの内部を適度な湿度にコントロールする湿度調整剤等を使用するのも良いでしょう。