• MENU
  • ピアノの防音について

    ご家庭でピアノを演奏する際は、ご近所への配慮も大切です。
    気持ちよくピアノ演奏を楽しむために、ピアノの防音対策についてご案内いたします。

    一般的な騒音レベル

    人が「騒音」と感じるのは、どのくらいの音でしょうか? 日常的な生活での一般的な騒音レベルは下記の通りです。 騒音レベルはdB(A)で表します。

    騒音レベル 身近な音 うるささの程度
    130dB(A) ジェットエンジンの近く 肉体的な苦痛を感じる 聴力機能限界
    120dB(A) 飛行機のプロペラエンジンの直前、近くの雷鳴 肉体的な苦痛を感じる 聴力機能限界
    100dB(A) 鉄道ガード下、 自動車のクラクション 極めてうるさい
    90dB(A) 大声による独唱、騒々しい工場内、ピアノ 極めてうるさい
    80dB(A) 地下鉄の車内(窓を開けたとき)、ピアノ うるさい、かなり大きな声を出さないと会話ができない
    70dB(A) 電話のベルの音、騒々しい事務所 うるさい、かなり大きな声を出さないと会話ができない
    80dB(A) 普通の会話、レンジフード換気扇 普通(日常生活)
    60dB(A) 電話のベルの音、騒々しい事務所 普通(日常生活)
    50dB(A) 静かな事務所、エアコンの室外機、扇風機 極めてうるさい
    40dB(A) かすかな話し声、 静かな住宅地、図書館 静か 聴き取れるレベル
    30dB(A) 深夜の郊外、ささやき声 静か 非常に小さく聞こえる
    20dB(A) 木の葉の触れ合う音 静か ほとんど聞こえない
    10dB(A) 呼吸の音 極めて静か

    ピアノの音レベル

    ピアノの音は約80〜90dB(A)。
    傍で聴いている場合は、かなりの音量ですが、実際に近隣のお宅で聴こえる音はどの程度でしょうか? 一般的な壁の防音効果を見てみましょう。

    防音効果
    一般マンション(コンクリート・石膏ボード壁) 30dB(A)
    防音マンション 40dB(A)
    木造一戸建て(コンクリートでない壁) 10〜15dB(A)

    防音の方法 その1 【防音室】

    床や壁、天井に遮音パネルを施工し、窓やドアを防音仕様に変更する事で、部屋全体が防音室になります。 また、ユニットタイプの防音室を部屋内に設置する方法もあります。 多少費用がかさみますが、防音効果は強力です。

    防音の方法 その2 【防音グッズ】

    大掛かりな工事をせずに、防音対策ができるグッズもあります。 防音効果は防音室よりも劣りますが、手頃な価格である程度の効果が期待できます。 賃貸住宅等、お部屋に手を加えたくない場合にも便利です。

    防音パネル しずかね(静音)ライト
    響板(アップライトでは背面)に、防音のパネルを取り付けることで、防音します。

    防音ジュータン
    防音ジュータンは、階下へ対する床の防音対策に効果です。

    防振インシュレレーター スーパーピアノストップ
    ピアノキャスターから床に伝わる振動を 協力に抑えますので、階下へ伝わる不快な振動音を軽減します。

    サイレントピアノ

    サイレントピアノなら、周囲への音が気になる時間帯だけ「音を消す」ことができます。
    普段はアコースティックピアノとして演奏し、夜では消音モードで演奏すれば、気兼ねなくピアノを楽しむ事ができます。
    消音モードでは、ハンマーが打弦する事を阻止することで生音がでなくなり、ヘッドフォンからの音色で演奏する事が可能です。

    サイレントピアノ