2月 14th, 2017 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

ご機嫌いかが?

ジャパンピアノサービスの有本です。

みなさんグランドピアノってどういう風に運ばれるか知っていますか?
結構でっかいですよね!
まさかトラックにそのまま積む?じゃぁほぼ一台しか乗らないよねぇ。

グランドピアノ一台の運搬でトラック一台チャーターするの?運送費が相当かかりそう(‘’Д’’)

そこで今日はグランドピアノの梱包と運送について、当社がどうやって出荷しているかをご覧いただきます。

グランドピアノの脚が3本なのはご存知でしょうか?
「いやいや、鍵盤の下にも何か生えてるやないの~」
それはペダル。脚とは逆にピアノ側から吊った状態になっています。

s_img_4505

ピアノの重量を支えているのはたった3本の脚。
ですから脚自体も相当しっかり作られているし、重いです。

ピアノの鍵盤がある部分と3本の脚、そしてペダルはそれぞれ大きなボルトや留め具で強固に固定されています。それを1つづつ順番に緩めて外していきます。

pedalグランドピアノ梱包1グランドピアノ梱包2グランドピアノ梱包4

 

 

 

 

あ、ちなみに大屋根や屋根の突き上げ棒、譜面台は移動中にカタカタしないように梱包前にこのようにしっかり固定してあります。これもそのままでは傷の原因になります。

グランド1グランド2グランド3

脚とペダルを外すとこんな感じに。

傷つかないように布団にくるんで,,,

グランドピアノ梱包5

ここまで終わったら、丈夫なロープで台に固定していきます。ロープが当たる角や結び目には段ボールを挟み込みます。当社の梱包は某ピアノ運送屋直伝で、丈夫に梱包できる上に、運ぶ際にはどこを持っても緩まず動かしやすく、且つ梱包を解く際にはなぜか解きやすい、という利点があります。

グランド梱包6

解けにくいのに解きやすい。

めっちゃいいのよ、コレ♡

一見矛盾しているようだけど。

外した脚とペダルは別の専用箱に入れます。

グランド7

これで完成~。
グランドピアノ梱包00

ここからはいよいよ運送。ピアノ専門で運送技術の高い配送業者にお願いします。

このピアノの便ではレンタル用のアップライトピアノも一緒にお願いしました。

ジャパンピアノサービスと当社運営のピアノレンタル「ピアレント」でお申込みいただいたピアノたちは、このように所沢倉庫から全国各地のお客様の元へ運ばれていきます。

もちろんピアノ本体と一緒にイスなどの付属品も運んでもらうので、ピアノが届いたらすぐに弾けますよ♪

 

で、最後になぜ今回こういう内容のブログにしたかと言うと、下にある動画をご覧ください↓↓

え~っ

まじ!!!!?

こんな便利なモンあんのけ?

ずるいわぁ~ずるいわぁ~ずるいわぁ~

これは海外のピアノ屋さんで、他の動画ではたくさんの良質なピアノが紹介されています。
そんな中で見つけた、トラックの様子。こんな便利なリフトがついているのは見たことがありません。
いいねぇ~(^^♪ ええもん持ってんなぁ。

ピアノはかなりの重量物なのに、重心位置が上の方にあったり左右の片側に寄っていたりするためにうかつに動かすとすぐに倒れます。梱包状態のグランドピアノは特に布団の上で常にユサユサしているので倒れやすいです。
トラックのゲートや荷台の段差などは特に気を使います。

それに重量物を人力で運ぶと危険が伴うのはもちろん、だんだん腰とか、膝とか、腕とか肩とか…ジジィみたいですね。ですが、ピアノの運送に係わるスタッフは年がら年中体を張っていますし、常に死と隣り合わせでの作業になります。

自分も倉庫の中で1日に100台以上移動させることがよくありますが、大変なのよ。ホント大変。
古いピアノだと3~40年はずっと置いたまま。40年ぶりに動かそうとしてもキャスターなんて動かないってばよ。
もし、どこかでピアノの搬送を見つけたら作業中は邪魔しないように声をかけないで、そっとしておいてあげてください。

そんなこんなで、安易にピアノを動かそうとするとピアノだけでなく家財道具や家自体を破壊するだけでなく、人体にも大きなリスクが伴います。ちょっとした移動でも必ず専門業者に依頼してくださいね。

ジャパンピアノサービスも同じ部屋内での移動からさまざま承りますので、お問い合わせください。宜しくお願いします。ついでに保管も承りますぞ。

移動に関するお問合せはこちら

保管に関するお問い合わせはこちら

一応営業活動(笑)
”ピアノの裏側に大事なモノが落ちてしまって取れない”なんていう移動依頼もありますので、特に縦型のアップライトピアノの上に落ちて困るようなモノは置かないように!!!

 

さて、このように倉庫を出て運ばれたピアノが無事お客様宅に搬入された様子を今後もまたご紹介していく予定です。ちょこちょこブログを覗いてみてくださいねん♪♪♪♪♪

 

ほな、ごきげんよう。。。

Posted in ピアノの知識 Tagged with: , , ,

9月 19th, 2016 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

こんにちは。
外は、涼しいけど、ジメッとしていて、嗚呼…、いろいろ面倒な飴ちゃん舐めて仕事奮闘中の私でございます。季節の変わり目だからかちょっと喉がイガイガするのでのど飴舐めているだけです。なんの話やねんww

さて、前回予告した通り今回は共鳴・共振・雑音について、なぜ起こるのか、対処方法はないのか、などを簡単に書いてみます。とはいえ、この共鳴・共振はピアノや音楽というより物理学の分野になるので、実は話し始めると非常に難解で長い内容になりそうです。なんとかピアノに関連する要点だけ抜粋しつつわかりやすくなるように頑張ります(”◇”)ゞ だから最後まで読んでー!!役に立つから!!たぶん。。。

まずはこちらをご覧あそばせ(^^♪


これはグラスハープというものですが、ご存知の方も多いはず。TVショーでもたまに取り上げられていますよね。これはまさに共振共鳴現象を目の当たりにすることのできる楽器の一つです。グラスの大きさや厚み、中に入れた水の量によって音階を作ります。詳しい鳴らし方を調べて注意事項を確認して頂ければ、ご自宅にあるグラスでもとてもきれいな音♪が出ますよ!

そもそもピアノに限らず、多くの楽器は共鳴や共振によって音を出しています。そして管楽器は管の長さを、弦楽器は弦の太さと張力、太鼓は大きさや張り具合を変えて…その共鳴する周波数を変化させて音階を作りだします。ピアノはこの場合、弦楽器に近い方法ですね。鍵盤それぞれに長さや太さの違う弦が適正な張力で張ってあります。

 

共振とは何か。

物にはすべて振動しやすい揺れ具合(固有周波数)があります。遊具のブランコがわかりやすいと思います。ブランコの揺れに合わせて漕げば大きく揺れますが、逆に合わないところで漕げばブランコは止まってしまいます。大きく揺れる←これが共振です。

ここからは他ページを引用させて頂きました↓

【引用】共振現象の内、音に関するものを共鳴といいます。

同じ固有振動数を持つ共鳴箱付き音叉(おんさ)を2つ用意して、片方を鳴らします。すると、もう片方も鳴り始めます。叩かれた音叉が下の共鳴箱を揺らし、空気を伝わって隣の共鳴箱を揺らし、上の音叉を揺らして鳴らします。固有振動数が違う音叉同士では共鳴は起こりません。【引用終わり】

次に楽器ではどうか

Wikiより引用→「楽器発声にあっては、発音体(発音物質、リードなど)の振動がより大きな物体(筐体、共鳴腔)に伝わり共鳴することで、より人間が聞きやすい音に変化する。すなわち、発音体単独の時よりも、聴覚上大きな音が得られる。これは音色の変化でもある。楽器によっては共鳴によって安定した音高を得ている。」と書いてありました。

難しい(ー_ー)!! ちょうどいい周波数でより大きく共鳴させることで、大きな音で豊かな響きが得られる(≒よりよい楽器)という事です。

ただ、これから問題とする雑音になる部類のものは、ほかの楽器に比べてピアノが圧倒的に不利、要するに雑音を発しやすいと思われます。たまに当社でご購入・レンタル頂いたお客様からもピアノから変な音がする、といった雑音のご報告があります。さて、どうしたもんじゃろのう~

ピアノは他の楽器に比べて圧倒的に音域が広く、共鳴を増幅するための部分も大きいですよね。さらにもっと共鳴させるためにピアノの構造体すべての材質にこだわり…最終的にかなりサイズの大きくなってしまった今のフルコンサートグランドピアノに辿り着くわけですが、鍵盤の奥のアクションと呼ばれる所は複雑で精密なからくり仕掛けのようになっていて、部品点数はおおよそ10,000点にも及びます。ほかの楽器はそんなには多くなく大きさもピアノ程ではありませんよね。さらに下の画像を参照下さい。

自動演奏ピアノ内部下ペダル 自動演奏ピアノ内部鍵盤 自動演奏ピアノ内部脳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは自動演奏器付きのピアノの内部で、ブランドはヤマハです。通常でも部品が多いのに電子基板などさらに複雑な状態になっているのがお分かりになると思います。

まず、これらの部品~鍵盤、外装まですべてが音域の広いピアノの周波数の振動によってほぼ直接振動させられます。同じピアノでもいい楽器になればなるほど、響きが良くなる=幅広い周波数の振動が出てしまう、本来これは楽器としてはとてもいいことですが、もしピアノのどこかの音と同じかごく近い固有周波数の部品があると音が鳴るたびに振動します。でも振動するだけでは雑音にはなりません。その部品の取り付けネジが少しでも緩んでいたり、他の部品に接触しているとビリビリ、とかカタカタと鳴り始め、雑音になります。滑らかによく動くように調整した結果、共鳴することもありがちです。これがピアノ内部における共鳴が原因の雑音です。いくつか他にもペダルが擦れてる雑音…とか原因はありますが今回は共鳴系という事で。しかし内部は素人では触れません。一歩間違うとピアノが壊れるだけでなく、ケガします。簡単なようでピアノは意外に重いですから。内部は調律師さんに任せましょう。絶対触らないようにしていただきたい。絶対!!自動演奏とかは下手すると感電です!!

♡さーて、ようやく皆様にもすぐできそうな雑音対処コーナーですヨ♡

上の方におんさの絵がありましたよね。そう!音は空気を伝ってたまたま同じ周波数をもってる物体を震わせてしまうです。ピアノのせいで周囲の全然関係ないものがブルブル震えるのです。ちょっと面白いw

ピアノを弾く→戸棚の引き戸が・障子が・テーブル上のグラスが…ビリビリとかブィーンとか?

ピアノを弾くたびに気になる雑音があれば、まず部屋の中で震えてるものがないか探してみてください。調律の際に言っていただければ、調律師さんも一緒に調べてくれると思います。

ブルブルの原因がわかったら、ちょこっと位置をずらしたり、振動しにくい布を当てる、ドアなどはガタ付

きを解消するなど対処してみてください。

とりあえずこんなところかな。書くの疲れてきちゃったダス(@_@;) でももうちょっと。

最後に余談の怪談w

学校の音楽室で下校後、校内が静まってきた頃に特定の曲を弾くとベートーベンやバッハの肖像画が落ちるとかガタガタ鳴るってやつ。共鳴・共振です。いつも鳴ってるはずですが、騒々しい時間は他の音にかき消されて驚くほど聞こえなくなります。静かになってきたら聞こえてきます。

※ついでに…古い校舎や空き家っぽいところから夜な夜なピアノの音がする場合↓↓

ほぼ確実にネズミ害です。ピアノの中にネズミが入り込んで食い荒らしています使わないのに早く売りに出さないからこんなことになるのですぞ!売れるかどうか瀬戸際です。修理したら場合によっては新品が買えるような見積り額になるかも。ピアノのブランドと製造番号を確認して当社にご一報を。日々、刻一刻と被害が進行し売却値段も下がりますぞぇ!!…涙

 

ではでは。長文ごめん下さい♪

Posted in ピアノの知識 Tagged with: , , , ,

9月 10th, 2016 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

今回は先日行った演奏会の報告でもしてみようかと。

あら、ピアノ屋さんなのに打楽器??と思われるかもしれませんが、出演者3人をよく知っているのと彼らが”初”の演奏会開催とのことなので仕事をサクッと終わらせて行ってきました。

ピアノ以外の音楽に触れることも結構重要で、毎日ピアノの音だけを聞いていても得られない音色や響きが自分の耳の感覚に蓄積されていくことで、その結果ピアノ新たな音色に気づけたりするものです。そういうこともあるので、自分は色々な演奏会に行くようにしています。今後、演奏会報告していこうかなぁ。

また、今回は打楽器とはいえマリンバとビブラフォンという鍵盤打楽器だったので聴きやすかったです。

打楽器 の コンサート 打楽器 の コンサート打楽器 の コンサートそして会場の様子はこんな感じ。

マリンバでかい!!

基本的には木琴と同じように音をだすので木の板を叩くのですが、このような本格的な楽器だと低音がブーンと地の底から響きが伝わってくるようです。そもそも全体的に木のぬくもりを伝えてくるような優しい音色。

癒されます♪

演奏も本当に上手で曲目も含めとてもいい演奏会でした。

 

そもそも打楽器の演奏会は刺激的で面白いので皆様にも是非行ってもらいたいおススメです!!

 

さて、演奏会はとても良かったのですが途中から会場の天井に付いている照明機材?から聞こえてくる共鳴音(ビビリ音)が少し気になっていました。しかも楽器の音に合わせて結構激しく(~_~;)

ピアノでも同じようなことを引き起こす場合がありますし、ピアノ以外でも日常にある色々なものが共鳴しています。そこで、次回はピアノにまつわる【雑音・共鳴】についてよくあることをお話ししようと思います。

今回はこの辺りで。。。

Posted in 日記 Tagged with: ,