秋のセールの御礼とお見舞い

JPS所沢倉庫と秋の空

今年は災害の多い年ですねぇ。
周期的に地震や台風や豪雨、とオンパレード。
あ、場所によっては火山の噴火が心配なところもあるでしょうし、
本当に落ち着いていられるのもつかの間、という風にすら思えてきます。

日本沈没なんて映画がありましたが、こんなに災害に見舞われては
現実になりそうで、ちょっと怖いですね。

さて、おかげさまで秋のセールが先月無事終了しました。


たくさんのお客様にお出でいただきまして、本当にありがたい限りです。
そして、ピアノをご購入してくださったお客様、ありがとうございました。
近年稀にみる大盛況ぶりで、忙しくてバタバタしてしまったのですが、
たくさん売れても、結構無理やりなお値引をしてしまったので、ウハウハではないのが個人的には悲しいところ…^^;

 

ところで、セール期間中に買うかどうか、決めきれなかった!なんて方はいらっしゃいませんか?

そんな方に朗報です!!

実は、秋のピアノセールには間に合わなくて、お出ししていないピアノもあります。
そもそも最終調整までもう少し時間が掛かりそうなピアノや、ちょっと手をかけすぎて、
全然儲からなくなってしまったのでセールするほどの余裕すらない、という状況であります。

新しくていいピアノだったから、外装も内部ももっと軽く手を入れるだけで良かったのかもしれませんが、一旦やると決めたら、いつものクセでとことんやってしまいました^^;
値引きしたら、スタッフ全員がタダ働きになりそうです!!
高値で売ればいいのでしょうが、そこはやはり、中古としての妥当な価格感みたいなものが
ありますし、お客様にとっても中古である以上、相応の値下がり感がないと買う気にもなりませんし、私どものようなお商売は成り立たないでしょう。

ピアノは大切に使えば、ホントに長く永く、親から子へ孫へと受け継ぐことが可能な楽器です。
だからこそ、こうやって中古販売をする価値も生まれます。

いいピアノを一生懸命集めました。
年間の取扱台数からしてみれば、こうやって国内へ販売できるいい状態のピアノなんてほんのわずかです。
そんな中から、ご購入いただいたお客様は、ある意味、奇跡的な出会いだとも言えます。
新品のピアノの購入ではありえない、そういう出会いなのです。

いまご覧いただけるピアノがどんな数奇な運命をたどってきているのか。
ちょっとロマンを感じますね。書いていて、なんだかこそばゆいですが(笑)

皆様のお越しをお待ちしておりマッスル☆彡

 

 

 

今日はいい天気です♪彡
これを読んで下さった皆様にも、平穏な日常が訪れていますように…。